letter 2/4 you …

『手紙・はがき・日記・手帳・文房具・道具』に対する想いを語るブログ。

【絵本】あかいぼうしのゆうびんやさん【手紙にまつわる書籍/絵本】002

◆手紙・はがき・日記・手帳・文房具に纏わる書籍をお届けするコーナー◆

今回は あかいぼうしをかぶった ゆうびんやさん が 誕生する物語(絵本)の紹介です。

誰もが ゆうびんやさん がいないと 不便だなぁ~と思い、誰もが ゆうびんやさん にチャレンジしてみますが・・・。

 

 

 

 

絵本『あかいぼうしのゆうびんやさん』

絵本 あかいぼうしのゆうびんやさん 表紙

絵本『あかいぼうしのゆうびんやさん』

この絵本について

文:ルース・エインズワース さん
絵:こうもと さちこ さん
訳:こうもと さちこ さん

発行所:株式会社 福音館書店

初版は2011年10月15日発行。

 

主な登場人物(登場動物・鳥)

 にわ に すむ  どうぶつ や とり・・・主な登場動物・鳥

  • こねこ
  • りす
  • こいぬ
  • こまどり
  • かめ
  • にわとり
  • ふくろう
  • すずめ
  • のねずみ

 他・・・。

絵本の内容

ひろい庭にすむ、動物や鳥たちは手紙をだしたり、もらったりしたいと思ってました。

まだ、ゆうびんやさんはいません。

おおきな石を共有のポストに見立てて、手紙のやりとりをしていましたが、さまざまな問題が起こります。

やはり、ゆうびんを配達してくれる ゆうびんやさん が必要だと・・・・。

ゆうびんやさん に  選ばれるのは、いったい誰なんだろうか??? 

 

 

絵本『あかいぼうしのゆうびんやさん』

この絵本の感想

絵本を楽しんでみた感想をここに記録しておこう。

読み物として感じたこと

読み物として・・・
・憧れのお仕事・・・しかし、そこは適材適所のお仕事だったと感じました
・引っ込み思案の場合、もしかしたらチャンスを逃していたかも知れない
・やってみたい! ということは「やってみる」ことが重要だと思いました
結構、考えさせられる内容の絵本に感じましたねぇ~。

こんな事をしたら もっと楽しめそうな事

誰かと一緒に・・・
例えば、子どもと一緒にこの絵本を楽しんだとしたら、子どもの反応(感想)から、どんな話に膨らむんだろう? もしかしたら、教訓めいたことを大人は子どもに伝える「切っ掛け」になるかもしれませんね。
または、子どもから思いもよらぬ反応が返ってきて、あたふたするかもしれません。それはそれで楽しい時間になりそうです。

 

 

あとがき

この絵本の魅力

絵本は やはり面白い。
もともとはショートストーリーだったかもしれないこの絵本ですが、仕事に関しての難しさや適材適所の話以外にも、それぞれ固有の特徴や個性を学ぶ「切っ掛け」にもなりそうな感じが、この絵本の『余白』部分にありそうです。

読み終わった後に『振り返って考えることを楽しむ』ことが絵本の本当の面白さなのかもしれませんね。

 

おわり